新型コロナウイルス感染の発生について

                               

 平素から当院へのご厚情に感謝申し上げます。
 当院の入院患者さんと病院職員から新型コロナウイルス感染症によるクラスターが発生しました。患者さんならびにご家族の方には、多大なご心配とご不便をおかけしておりますことを誠に申し訳なく思っております。
 感染された患者さんは軽症ですが、年齢や基礎疾患の面から病状に応じて適切な治療を行い、経過観察を行っています。
 当院では、これまでも院内感染を防ぐために細心の注意と対策を講じてきました。このような状況にありますが、当院職員の知恵と体力・気力を結集させて一刻も早い院内感染の収束に向けて取り組んで参ります。
 現時点で救急診療・新規入院・手術は一時受け入れを制限していますが、外来診療は通常通り行います。
 皆様におかれましても、地域の感染状況を踏まえ、各自が徹底した感染拡大防止に努めていただくようお願いすると共に、当院の現状と対応に関してご寛容のほどお願い申し上げます。

大阪脳神経外科病院 院長

 

2022年2月18日時点 
一部制限を設けておりますが、救急診療・新規入院・手術を再開いたしました。


 

2022年3月4日時点
この度は、令和4年2月7日に当院で発生いたしました新型コロナウイルス感染症のクラスターにつきまして、多くの患者様やご家族をはじめ関係する皆様方に、大変ご心配ならびにご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

当院では、クラスターの発生後、直ちにコロナ感染対策本部を立上げ、職員一丸となって、事態の収束に取り組んでまいりました。

このような状況を踏まえ、3月4日をもって終息宣言し、一部制限しておりました救急診療・新規入院・手術を全面再開することといたしました。


引き続き、更なる感染予防対策の徹底を図ってまいります。
今後とも、何卒ご高配賜りますようお願い申し上げます。

大阪脳神経外科病院 院長

                                                            

くも膜下出血患者での腸内細菌叢の特徴を明らかに

当院、脳神経外科医の立石Dr・浅井Dr、大阪大学大学院医学系研究科の高垣匤寿助教、大学院生の川端修平さん、貴島晴彦教授(脳神経外科学)らの研究グループは、脳動脈瘤の破裂によるくも膜下出血を発症した患者の腸内細菌叢を調査し、その特徴を明らかにしました。

本研究成果は、米国科学誌「Stroke」(オンライン)に、11月3日(水)に掲載されました。

詳しくはこちら↓
大阪大学医学部脳神経外科【NEWS】

くも膜下出血患者での腸内細菌叢の特徴を明らかに

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策に係るお願い

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ご来院について以下のご協力をお願い申し上げます。



1.マスクのご着用と付き添いについて

・ご来院される方につきましては、症状の有無に関わらずマスクをご準備いただきマスクの着用をお願いいたします。

・原則、患者さんご本人のみとさせて頂いておりますが、付き添いが必要な方は感染防止の為、最小限での人数でご来院いただきますようお願いいたします。



2.検温と問診のご協力のお願い

・ご来院の際は、必ずご自宅で検温をしてご来院されますようお願い申し上げます。

・ご来院される患者さんや付き添いの方などを含めた皆様に、発熱のチェックと問診のご協力をお願いしております。



皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

【支度金制度あり】募集要項について

直接のご本人様からのご応募やハローワークからの紹介で入職された正・准看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士の方を対象に、就職支度金を支給する制度を設けております。
なお、この制度は看護師紹介サイトや人材紹介会社からの紹介(面接時に同伴)で入職された場合は、対象となりません。


対 象 者:看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士


支度金金額:【看護師】
       既卒正職入職者-正看護師30万円・准看護師15万円
       新卒正職入職者-正看護師10万円・准看護師5万円


      【理学療法士・作業療法士・言語聴覚士】
       既卒入職者-30万円
       新卒入職者-10万円


支給時期 :6ヵ月以上の継続勤務があった後の賞与時(7・12月)


→採用情報はこちら

【至急募集】看護助手・介護福祉士を募集しています。

『資格不問!』
たくさんの″ありがとう!″をもらって誇れる仕事。
看護助手(パート,正社員採用)・介護福祉士(正社員採用)を至急募集しています。


→募集はこちらから


●『看護補助者』とは
病院や診療所の医療機関において看護チームの一員として、看護師の指示のもと専門的判断を必要としない看護補助業務を行う職種です。


●お仕事内容
1.周辺業務(対象者に接しない業務)
 ①生活環境に関わる業務
 (病床および病床周辺の清掃・整頓、病室環境の調整、シーツ交換やベッドメイキングなど)
 ②診療の補助に関わる周辺業務
 (処置・検査などの伝票類の準備・整備、看護に必要な書類の整備・補充、診療の補助に必要な機械、
    器具などの準備・片付けなど)
2.直接ケア
 日常生活に関わる業務
 (身体の清潔に関する業務、排泄に関する業務、食事に関する業務、移動・移送に関する業務など)


→PR動画 看護補助者 厚生労働省/MHLWchannel

病院見学をご希望の方へ

当院は、急性期から回復期までの一貫した治療・看護を提供しています。
脳神経外科看護にご興味をお持ちの方は、お気軽に見学にお越しください。
職員一同心よりお待ちしております。
 
※見学会は、大阪府における新型コロナ感染拡大の状況を鑑み中止させていただいていましたが、
webでの面談対応などのご希望がありましたら個別に対応さえていただきますので直接電話かメールにてご連絡ください。
見学会の実施は、感染対策を行いながら適宜対応させていただきますのでご確認ください。



※介護福祉士・看護助手をご希望の方も下記に直接ご連絡ください。

〒561-0836
大阪府豊中市庄内宝町2-6-23
公益財団法人 唐澤記念会 大阪脳神経外科病院
看護部長室
《TEL》06-6333-0080(代表)(平日8:30~17:00)
《e-mail》nurse@oni.or.jp
 

新型コロナウイルス対策(面会禁止について)

新型コロナウイルスの感染対策を実施しており、ご面会は原則禁止です。

ご協力よろしくお願いします。

・ご面会は、当院から要請した方のみ可能とします。
・面会可能な方でも発熱・せきなど風邪症状のある方は、面会禁止となります。
・入院患者さんの生活サポートをされる方は、病棟にお電話でご相談ください。
詳細概要はこちらをご覧ください。